fc2ブログ

太陽光発電が大阪で増えることのメリット

関西の中心都市である大阪は、太陽光発電システムの導入に際し、他の都道府県が導入しているような補助金を出していません。

その代わり、導入するなら低金利でお金を貸してあげましょう、というユニークな貸付制作をとっていて、中にはこのローンを、毎月削減できた光熱費と売電料金で返済金に充てている人もいると思います。

できれば補助金が導入された方が、最初の段階で一気に値段が安くなるので、得した~という気になれると思いますので、今後、もっと積極的な導入を促すために改革がなされていくのではないかと思います。

関西の中心都市大阪で太陽光発電システムが増えると、関西の電力の多くを、原発銀座と呼ばれる福井県の沿岸にたつ原子力発電所に頼る量が減ることになります。

自然エネルギーと原子力発電所によって作り出されるエネルギーでは、安定度においてかなりの落差がある、と言われますが、原子力発電所しか頼るところがない状況よりも、各家庭やその他の公共交通施設でも発電できる状態にしておくのとでは、安心感がまったく違います。

晴れた日しか対応できないとはいえ、太陽光発電システムがあるということは、もし万が一原子力発電所で事故があって電力不足に陥ることになったとしても、晴れの日まで我慢すればなんとかなる、と人々に思わせ、それが希望の光になるのではないでしょうか。

各家庭に導入されるのが望ましいですが、家によっては太陽光発電に向いていないところもあるでしょう。

そうした家に住む人のために役所やショッピングセンターなどに導入し、避難所代わりに使えるところでもっと太陽光発電システムを増やしておいてもらいたいと思います。

普段から太陽光によって電気を作ることができれば、大阪のような大都市には二酸化炭素排出削減という点でもメリットがあります。

晴れた日には毎日の電気を、いざという時には非常用の電気を作り、さらには地球環境にもやさしいとなれば、メリットが非常に多いと言えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほたるさん

Author:ほたるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR